太陽光発電のメリット

12091817463366uh

次世代クリーンエネルギーを!

次世代クリーンエネルギーとして大きな注目を浴びている太陽光発電システム。O2を排出しないクリーンエネルギーでもあり、とっても地球にやさしい発電システムといわれています。

太陽光発電の可能性

  1. 投資対効果

    近年では、政府や自治体による代替エネルギー推進によって、給電を行った設備事業者への対価が保証されています。また、経済の全般的な観点から見ても、再生可能エネルギーによる発電には省コスト効果があります。SIソーラーなら、高い品質と変換効率で高収益を得ることができます。

  2. 環境保全

    太陽光は、環境に影響を与える物質を排出しないクリーンエネルギーです。騒音、振動などの心配もいりません。また、社会の規範として環境保全に対する先進的な取り組みの一つとして認知されます。

  3. エネルギー保障

    大切な地球の資源が現在枯渇の危機にさらされており、石油、天然ガス、ウランなどの資源はまもなく使い尽くされると言われています。それとは逆に太陽光エネルギーは実質的に無尽蔵であり、全ての場所で平等に使用することができます。

  4. 持続可能な社会の構築

    現代を生きる我々には、将来の世代に天然資産を残すという大切な使命があります。子孫の世代のために資源をきちんと残しておかなくてはなりません。そのためには環境に配慮した社会を築く必要があります。太陽光は再生可能なエネルギーとして貢献します。

  5. エネルギー選択の多様性

    火力、水力そして原子力等、発電方法は様々です。その中で、太陽光発電は無限にある太陽光を使用し、自家消費の場合は送電ロスも少なく効率的。太陽光発電システムの導入は、エネルギーの調達手段の一つです。また、自家発電したエネルギーは、自家消費、売電等、様々な運用の可能性が広がるのです。

太陽光発電の収益性

太陽光発電を上手に使うと収益を大きく上げられます。太陽光発電・燃料電池・蓄電池で約600万円使った例 SIソーラーの太陽光発電で約600万円使った例

太陽のちからをエネルギーに変えることで、生活が大きく変化します。そしていままさに、太陽光発電がみなさまの生活に広がっています。

電気は、買うだけのものではありません。太陽光発電システムを設置すれば、電気をつくって暮らすことができるようになります。太陽の恵みで電気をつくって、かしこく使ってみませんか。

※1 数値は目安であり実際とは異なることがあります。当社光熱費シミュレーションにより算出された削減率の目安であり、実際とは異なることがあります。また、年間予測発電量は約5,829kWh(東京都、10.0kWシステム、真南、30度)としています。

余剰電力買取制度

太陽光発電の余剰電力買取制度。太陽光発電で作られた電力のうち自宅で消費しない電力「余剰電力」を10年間固定金額で電力会社に買い取ってもらう制度です。

買取の申込みをした年度によって、売電価格は変わります。平成25年度は、システム容量10kW未満までは38円/kWh。10kW以上は37.8円/kWh。
システム容量が10kW以上の場合全量買取制度が利用できます。全量買取制度は20年間固定価格で売電ができます。

※燃料電池発電など併設される場合、価格が変わる場合があります。

晴れた日の電力消費例 使用する電力 消費する電力 余剰電力 買う電力 売る電力

CO2を排出しない発電

co2

※2 平成18年度版JPEA表示に関する業界自主ルールに基づき、一般家庭の消費電力量における年間CO2排出量は0.36kg-CO2/kWh×5,500kWh/年(年間消費電力量)とし、太陽光発電システムのCO2削減効果は、0.3145kg-CO2/kWh/年(年間予測発電量)としたものです。

2015年1月30日

このページの先頭へ